<< アニメのカット制作、動きをどう考えて映像設計するか。 | main |

僕とガンダム。ガンダムオリジン「激突ルウム会戦」を見て。

こんにちは井上ジェット(@jetinoue)です。
 
「機動戦士ガンダム ジ・オリジン 激突ルウム会戦」を先日見てきました。劇場で見ていてジワジワと涙し鑑賞後も泣きそうになったわけですが、それにはいろいろな人生に関わる理由がありました。
 
「ルウム戦役」という言葉を知ったのは小学生の頃です。およそ30年前。小学生の頃すでにガンダム書籍を買い漁る僕は書店に入荷するガンダムのムック本を全部集める勢いでした。まだネットもなかったので偶然入荷する書店の本だけが情報源です。川上から丸太が流れてくるのを待つみたいに。
子供時代はガンダム大好きで、コミックボンボンのSDガンダムファンクラブにも入り、オリジナルSDガンダムコンテストや、モデルグラフィックスの俺のガンダムコンテストなども欠かさず応募。ガンダムならなんでも知っているようなガノタで、高校生の頃、富野監督からファンレターの返事がポストに届いていたときが歓喜の頂点でした。富野監督の似顔絵を描いたのですが返事にこうありました。
 
「年寄りの似顔絵を描いても勉強にはなりません」
 
ぼくは、わあすげえ!!なるほどなあ!!と、実はぜんぜん意味がわかってなくて五年くらいその意味を考え続けてました。
 
もしかしたら将来ガンダムの仕事をするかもしれないと、友達に話をしたら、安彦ファンの番くんは「そんなのできっこねえじゃんバカじゃないの」と言われました。
 
そこから10年経過して、SDガンダムフォースで演出で関わることになって、番くんにそれを報告したら「本当にすごい」と言ってました。サンライズでは谷原スタジオ→3スタ→11スタ→5スタとお世話になってきましま。とくに佐藤プロデューサーには人生の1/6を食べさせてもらいました。大変感謝しております。演出やガンダムゲームのディレクションなどたくさんやらせてもらっていました。とあるガンダムゲームのゲーム内のアニメなどの監督(演出)、コンテをやっていた時に、ルウム戦役を再現するシーンがありました。その時、知る限りではルウム戦役が映像にまだなったことがなかったかもと…コンテにそのシーンを盛り込みました。シャアザクが連邦の戦艦を次々に撃破し、また三倍のスピードと言われるようになった表現のカットを入れよう…と、作らせてもらいました。
そのときにはじめて電話帳(のような厚さになること)のカットが発生して、自分でコンテ切って、作打ちして上がってきた原画が電話帳になってて、これが電話帳かあ!と一人でじわーっと滲みてました。完成した映像は音楽ともバッチリで手に汗握るものになっていて、やった!すげえ。とアムロのように自惚れてました。あの頃はセルアニメ演出一年目とかで、時代も変わり、今の映像と比較したら絶対に勝てないですが、当時はかなりの手応えを感じて作っていました。
 
そして、2017年。総監督安彦良和、演出にカトキさんが入ってる。作監やらCGスーパーバイザーやら、エフェクトにIGの面々。そんなレジェンドメンバーたちが作ったルウム戦役の会戦シーンを見たわけです。ゲーム案件は僕一人で制作、設定制作、コンテ、演出、色彩設計まで(笑)一人で回してたこともありました。そんなのと違います。それぞれのベテランが各担当箇所を作ってる。そして往年の人間臭いドラマ演出。さらに安彦流ガンダム。ルウム会戦に至るまでの人間ドラマ、苦労、無念…
 
こんなの、まるで自分の半生の走馬灯を見ているような気分になりますよ。過去に自分が作ったルウムも苦労したのに、そんなの比じゃないハンパない。しかしガンダムの演出は頑張れば頑張るほど大変。
そんないろいろな思いが浮かびあがりつつ、セイラやいろいろなキャラが戦ってて、コロニーで死んでいった人とかを見ていたら、得体の知れない涙がわんさか出てきたのです。
いつか自分もガンダムの監督ができる時がきたらいいなと思いました。
 
ちなみに高校生の頃から服部克久さんの「音楽畑」買い集め、15枚くらい持っていたので服部隆之さんの音楽だって思い入れがあります。
こうして、知っているものばかりになってくると、誰も恨まないし、あたかもみんなが見知った友達のように見えてきて、一層感傷的になります。
 
今回のルウム会戦、シナリオもコンテも相当良かった。これが運命かよ!そんなズッシリと来る展開。
そんな今回のオリジンでした。
 
公開中の、ルウム会戦、次回は来年、赤い彗星でオリジンアニメはラスト。とうとうルウム戦役の本格的な戦いです。
 
そういえば、劇場ロビーに安彦良和総監督がおりました。握手をしてもらいました。大河原邦男先生は当然お会いしたことがありますが、安彦良和さんは対面は初めてで大変光栄でした。富野由悠季監督も対面はなく、次の目標です。上井草へはよく通っていましたが、富野監督とはすれ違ったことは一度もないのです。今は自分がオジサンになってしまったのでさすがにできないですが、もしも20代の頃に上井草で富野さんとすれ違っていたら、制作でもなんでもやらしてほしいと直訴していたでしょう。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN ルウム編 V 激突 ルウム会戦
Amazon videoでも見られます。



---------------------------

| Diary | 固定リンク→ 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://jetinoue.jugem.jp/trackback/258

Trackback