<< いなぎは祭りざんまいだぜ!(りんどう祭/Iのまちいなぎ市民祭り) | main | 稲城なしのすけグッズ@I(あい)のまち いなぎ市民祭り(^0^)/ >>

コツ『一太郎』の使い方。WORDとの違い。

どうも井上ジェット(@jetinoue)です。
一太郎の使い方。(一太郎2013玄:2013年発売)についての使い方の解説です。
wordに慣れた方には、一太郎は使いにくい?おや?と思う方はいると思います。私もそうでした。
自分用のメモも兼ねて、私がよく使う機能をここにまとめておきます。



---------------------------
まず、一太郎でできないことを知ります。
---------------------------
一太郎でできないことを知っておくと、一太郎を使うときのストレスが減ります。
●一太郎2013(ver玄)でできないこと。<メモ>

「テキスト枠」や「オブジェクト」を半透明にすること

ページサイズより大きく画像などを配置すること。
wordなどではページよりはみだして配置してトリミングっぽく配置しますが。一太郎ではそれができません。
ページ内にしか、画像を配置できません。

各ページに別の背景を設定する。

この3点ができません。「すこし工夫したらできそうじゃん」と思うことですが、一太郎ではできません。
背景については、背景は設定できますが、全ページに配置されることしかできません。
以上ができないことです。がんばっても、できません。(一太郎2013玄(2013年10月時点))


---------------------------
これをやっておいたほうがいいこと
---------------------------
事前準備

表示→補助(一番下)→クラシックタイプのメニューを使う 

にしてください。クラシックタイプのメニューにすることで、隠れたコマンドが出てきます。
表示→オリジナルとなっている方は、いじらずにそのままで。


---------------------------
現在、よくわからないこと(電子署名/照明書について)
---------------------------
Adobeのソフト(アクロバット等)を使わずに、PDFを作りたい。
アクロバットのような「電子証明書」をつけたい。
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=037654
法務省の配布している、PDF署名プラグインと同じような、住基ネットから証明書を印鑑にすることができるかどうかが、わかりません。


---------------------------
その他のTIPS(コツ)です。
---------------------------
◆◆◆◆◆文章を書くとき

●改ページ(改頁)
CTRL+Y
[挿入-記号/リーダ/スペース-改ページ]
(改ページマーク)がつきます。このマークがあるところが、頁のお尻です。


◆◆◆◆◆画像や装飾について

●画像を選択する
●画像を文字の下にする

画像、選択しにくいですよね。
画像の右上の端っこにカーソルを持っていってください。
コマンドアイコンがでます。

●テキストフィールド(テキストボックス)を出す。
 2つのやり方があります。
 挿入→差し込み→枠作成
 挿入→フィールド→作成


●半透明にする。
 wordや、パワーポイントのように、オブジェクト(枠)などを半透明にする方法。
 一太郎では、できません。がんばっても、できません。機能がありません。
 予め画像などをそのように加工しておくしかありません。
 四角いオブジェクトを半透明にするくらいできるだろう?と思っても、できません。
 一太郎玄(2013年現在)できません。あきらめて。
 ページの構成や作り方の、考え方を簡単にしましょう。

●テキスト(枠)フィールドの背景色(単色)に色や枠線をつける
 枠操作ツールパレット(画面右)から
 「枠飾り」
 のテンプレートから選択します。
 自分なりのものを作る場合は、まずテンプレを作ってから、使用できます。
 
 右下あたりにある「枠飾り追加」ボタンで、自分なりのものを作ってください。


●各ページに、それぞれ違う背景を設定する
 
 できません。

●全ページの文章の下に背景を設定する(同じ背景を全ページに)
 [ファイル-文書補助-文書の背景]
 or 
 [ファイル-シート-シートの背景]
 □背景を印刷にチェックを入れること。チェックを入れないと、印刷されません。

●画像をページ全体に引き伸ばす。
 まず一つ言っておきます。
 ページより大きく画像を引き伸ばして、ページ内だけでトリミングすることができません。
 紙のサイズまでしか、拡大できません。
 (wordやパワーポイントでは簡単にできることが、一太郎ではできません。)
 余白なしで画像を配置したい場合、A5であればA5ぴったりのサイズの画像を作る必要があります。

 基準→用紙→用紙サイズ一杯まで拡大できます。
 基準→印字領域→文章を書く領域一杯まで拡大できます。

 ツールパレットのボタンで
 幅揃えor高さ揃え にて、縦横比を変更して画像を大きくするのは簡単にできます。
 縦横比を維持したままの拡大機能はありません。ドラッグでやります。


◆◆◆◆◆こまったとき。

オブジェクト枠が、上手く配置できない!!→『レイアウト枠』を使ってください。

オブジェクト枠が見えない。どうやって削除するの?→カーソルを動かすと□マークに成るところに枠があります。この□マークが、なかなか見つけにくいですが、がんばると見つかります。ゲームだと思って捜索するように探してカーソルが□になったらクリックしましょう。
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=020877

以上です。

| TIPS | 固定リンク→ 10:03 | comments(1) | trackbacks(0) |

Comment

一太郎でできないこと、これわかりやすかったです。

一太郎でDTPに近い作業をしていますが、ページをはみ出す写真の貼り方ができないのに困り果てていました。サポートも「できないこと」はわからないらしく、けっきょく、A4で印刷したいなら B4に貼り付け
トンボつける方法だったのですが・・・それでも塗り足しは出来ず、中途半端です。
写真のデータサイズが大きいとすぐにクラッシュしますしね。いまでは数頁ごとにpdfにしてつないでいます。

| あ | 2016/01/25 6:25 PM |

Submit Comment









Trackback URL

http://jetinoue.jugem.jp/trackback/191

Trackback