安いオシャレ高画質おすすめデジカメ。コンデジ。(2014年2月)

3万円以内程度。オシャレ感。それなのに安くて高画質。使いやすいデジカメ。ベスト4。
一眼レフカメラまで行かなくても高性能で簡単なデジカメが欲しい。オシャレ、個性、値段が安い。
そういう方のためにいくつかまとめてみました。
※リンク先はamazonです。※主にコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)※個人的な好みも少しは出てますがオススメです。(2014年2月に書きました。)
※映像にこだわる方は、キャノンのカメラを選びましょうキャノンの映像Digicは最強です。


★1位:キャノン IXY 620F
Canon デジタルカメラ IXY 620F 広角24mm 光学10倍ズーム
Canon デジタルカメラ IXY 620F(シルバー) 広角24mm 光学10倍ズーム IXY620F(SL)




かつての王者デジカメの進化形です。¥1万5千円で安すぎますが今のカメラはどれも高画質。値段が同じくらいなら性能もそんなに変わりません。こだわらないなら十分なカメラです。約1,210万画素で普通に使う程度なら問題なしISOは6400で暗いところや夜景も撮れます。魚眼風、ジオラマ風、トイカメラ風などの撮影モードも今風のものが一通りあります。花火を撮影するモード(長秒時撮影)も可能。映像エンジンにDigic5がありフルHDの映像で十分な力があります。Digicはキャノンだけの技術で最強となっています。かつての王者は健在で使いやすいです。安く済ませたいなら迷う必要なくこれで決まりです。幅9.7cm×高さ5.6cm。


★2位:キャノン powershotSX280Hs
Canon デジタルカメラ Power Shot SX280HS 約1210万画素 光学20倍ズーム
Canon デジタルカメラ Power Shot SX280HS 約1210万画素 光学20倍ズーム ブラック PSSX280HS




もうちょっと映像がパワーアップしたものがほしい。そう映像にこだわるなら、これです。最新の映像エンジンDigic6が入っているコンパクトデジカメです。映像の手揺れなどの機能がかなり強化されていて最強です。夜景を強引に撮ってもノイズが少ないというキャノンだけのもの。Digic5でも十分なのに6はさらに強化です。
約1,210万画素でISO6400です。夜景も撮れるでしょう。
約2万円で、映像で夜景を撮るならこれ一択です。10年はこれ1台でしのげるでしょう。


★3位:ペンタックス Q10
PENTAX ミラーレス一眼 Q10 ズームレンズキット [標準ズーム 02]
初心者入門カメラといえば、PENTAX。
PENTAX ミラーレス一眼 Q10 ズームレンズキット [標準ズーム 02 STANDARD ZOOM] シルバー Q10 LENSKIT SILVER




安くてもレンズを交換カメラがいい!それならばこれ。レンズが交換できるのに2万円程度です。レンズは1つはついています。約1240万画素でISO6400なので今時の性能はちゃんとあります。最初についているレンズはズームレンズと書いてありますがちょっと望遠できるくらいです。望遠カメラは別で購入するタイプです。画質をもう少し上げたい場合上位機種のPENTAX Q7 ダブルズームキット(ISO12800)で画質はかなり上がります。レンズは同じものをつけ外しできます。


★4位:ペンタックス MX1
PENTAX MX-1 1/1.7インチ大型CMOSセンサー F1.8大口径レンズ
初心者入門カメラといえば、PENTAX。約3万円。もっと画質を高めたい画質アップ版がこれ。
PENTAX デジタルカメラ PENTAX MX-1 クラシックブラック 1/1.7インチ大型CMOSセンサー F1.8大口径レンズ PENTAX MX-1 BK




動画より静止画をもっとキレイに撮りたい。クラシックカメラみたいなオシャレデザインで、夜景も強い。それならばこれです。約1200万画素ですが、ISOが12800になり 1/1.7インチ大型CMOSセンサーです。安価だが超高画質カメラならこれです。自分撮りができるほどじゃないけれどモニターが動くので高い位置に持って撮影もできます。使い慣れてゆくとちょっと不便さはあるけれど普通に高画質撮影するならこれで十分です。


★5位:SONY Cyber-shot RX100
SONY Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック

あと1〜2万円出して、もっと高画質にしたい!そういう方はSONY Cyber-shot RX100(2020万画素)がいいでしょう。1型高感度Exmor-CMOS2020万画素搭載です。4位のカメラが 1/1.7インチCMOSセンサーなのでその次に大きくなっています。ソニーなのでソニー合わせの人はこれはオススメ。



★番外編1:防水、防塵!アウトドア用。2m落としてもOK。
※GPS付きか、GPSなしかで値段が変わります。GPS付きが良いかたは注意。
PENTAX 防水デジタルカメラ PENTAX WG-3
PENTAX 防水デジタルカメラ PENTAX WG-3 オレンジ 1cmマクロ マクロスタンド付属 LEDライト PENTAX WG-3OR 12696




入門カメラといえば、PENTAX。この価格でカバーをつけなくても防水でレジャーにもってこいのものはこの機種のみです。画素数もISOも十分です。ただし映像は取れればOKという感じで明るい昼間なら問題なし。約2万円。防水デジカメはなかなかないので他を迷ってもないですからこれがオススメです。


★番外編2:レンズをスマホにつける、レンズみたいなカメラ。
※スマホがなくても使える。アタッチメントでスマホ(Xperiaなど)と合体。
Sony DSC-QX10 レンズスタイルカメラ
ソニー レンズスタイルカメラ サイバーショット DSC-QX10(ホワイト)



有効約1820万画素(1/2.3型 CMOS)/光学10倍ズーム/焦点距離(35mm判換算)25-250mm というヤバイ数値!
NFC機能とういのでスマホと通信して、レンズに写った絵をスマホに表示できてそのまま撮影できる。スマホとレンズを別々の手に持ったまま撮影もできる。
約2万円。



最強手軽三脚、ゴリラポッド
耐荷重 325 gまでのゴリラポッド



最強手軽三脚、ゴリラポッド
耐荷重 1 Kg までのゴリラポッド ハイブリッド
(こっちなら大抵どのカメラもOK)



★ちなみにスマホのカメラはどのくらいの解像度でしょう。
Experia Z1 約2070万画素(ソニー)フルHD動画撮影。※ISOなどは不明。防水防塵。
iPhone5  約800万画素(apple)フルHD動画撮影。※ISOなどは不明。


以上。

| レビュー | 固定リンク→ 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

レトルトカレーレビュー。バターチキンと欧風ビーフ

カレー大好き。レトルトカレーのレビューをつけはじめました。
5点満点です。今日は2つ紹介。


インドカレー バターチキン

点3.7点
バターチキンのルーは、まさにバターチキン!バター感もたっぷりでかなりイイ。
チキンのお肉もゴロっと大きめでgoodと思いたいが、チキンがルーに馴染んで
いないのがおしいところ。チキンに味がしみこんでいればもっとよかったのだが。
バターチキンのルーはけっこういいので、お好みでお肉をトッピングしてもいいかも


プティフ・ア・ラ・カンパーニュ 欧風ビーフカレー

点4.3点
これはけっこういい。独特のまろやかなビーフカレー感!あじわいがある。
レトルトじゃないみたい!しかも肉がとろける感じも出ていて
カレーとの相性もいい。
中辛を食べましたが、甘めの印象です。半蔵門のカレー屋さん
プティフ・ア・ラ・カンパーニュというお店のカレーのレトルト版との
ことでこれはお店に行ってもいいだろう。


その他のカレーレビューはこちら!
 

| レビュー | 固定リンク→ 12:13 | comments(1) | trackbacks(0) |

これがオススメWEBカメラ(ウェブカメラ)2014年1月。ベスト4。

個人的なメモとしてですが、オススメWEBカメラを書きます。ベスト4です。
(2014年1月、見直してみましたが、ほぼ変わらないです)
※リンク先はamazonです。※macやwindowsのOSのバージョンで使えるかどうかは自分で調べてください。
※WEBカメラなので、音声については、マイクを別で買うのが得策と考えているレビューです。


★1位:C920
LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
LOGICOOL(ロジクール) HDプロ ウェブカム C920



発売されたばかりのものです。
フルHD1080p(解像度1920×1080)のテレビ電話と動画撮影が楽しめるオートフォーカスHDウェブカメラ。
C910よりも最新型で、画素数はC910よりも低いのですがこちらのほうが最新型のため扱いやすく、キレイな絵が撮れるとの評価が多いです。内部のプログラムなどが変わったのでしょうね。値段も安くなっており、こちらが1位でしょう。市販の三脚にも取り付けられます(三脚の穴があります=共通規格)。もちろんニコニコやUSTREAMno生配信などにも十分耐えられます。
¥5000〜6000円台
http://www.amazon.co.jp/ロジクール-C920-LOGICOOL-HDプロ-ウェブカム/dp/B006NTPLJW


★2位:C910
LOGICOOL HD プロ ウェブカム 500万画素 カールツァイス社製レンズ採用 C910
LOGICOOL(ロジクール)HD プロ ウェブカム 500万画素 カールツァイス社製レンズ採用 C910



500万画素/Full HD 1080p (1920 x 1080)
2012年くらいまで、これが最強と言われているものです。しばらく王者のカメラでしたが、C920という1位に書いたやつが新発売されたので無理してこちらを買う必要はないです。細かいことを気にすると使いにくいところも若干あります。静止画1000万画素などとも書いてありますが、静止画で使うかどうかというところでしょうか。スカイプ、USTREAM、ニコ生などもちろん可能です。2012年までの王者ということもあり一応2位というランキングにしました。
¥13000〜16000円台


★3位:C525
LOGICOOL HDウェブカム C525
LOGICOOL(ロジクール) HDウェブカム C525



画像センサー : 210万画素 /HD 720p (1280 x 720)、接写7cm
もうちょい安くしたいという人にはUSTREAMや、ニコニコ生放送でもこれで十分。画素センサーが210万画素で、そこからいい感じにHD720Pの絵を拾うということと思います。つまりはC270よりもましだし、ハーフHDサイズがあるのだから解像度的にももうこれで十分という感じです。市販の三脚にはとりつけられませんが、ボディーが、テレビやパソコンの角にひっかけるように可変するようにできている作りのため、置いておくこともできるしモニターの上や、ノートパソコンの上にひっかけて設置することができます。ひっかけてあるだけなので、コードをひっぱったりすれば倒れますけど静かに放送しているだけならこれで十分でしょう。クリップ式の小さなスタンドを買って固定してもいいでしょう。スカイプなどで通話するときなども、これがあれば十分すぎます。こちらの機種から広角レンズ&接写7cmです。狭い部屋全体を映したい場合はこちらの機種です。4位のC270だと狭い部屋全体は映らないと思います。
¥3000円台
http://www.amazon.co.jp/ロジクール-C525-LOGICOOL-HDウェブカム/dp/B00516G6DI


★4位:C270
LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270LOGICOOL(ロジクール) ウェブカム HD画質 120万画素 C270



画像センサー : 120万画素/HD 720p (1280 x 720)、接写40cm
720pというのは、ハーフHDと呼ばれているサイズですが、HDとも言っているサイズです。2000円以内で買えるこちらの商品、やすすぎない?と思うかもですが、映像配信などをするにしてもこれで十分です。初めての入門ならこれで十分すぎます。こちらはC270で静止画を撮る場合は300万画素になり、似た機種でLOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C310
というのがありますが静止画が500万画素になります。しかし映像の配信はどちらも120万画素で同じです。WEBカメラで静止画を撮ることもそんなにないと思うので、C270で十分と考えていいと思います。色合いや画角、綺麗な映像を求めるならば3位のWEBカメラにするのがよいと思います。
¥1000円台
LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270



以上、ロジクール社づくしのWEBカメラレビューとなりましたが、2014年チェックでもこうなりました。音声にこだわる場合はマイクを別で購入されるのがよいでしょう。マイクが別であれば1000円以下の安いマイクでも良いと思います。WEBカメラはUSBケーブルに刺します。(配信のときに、USBカメラを選びます)
マイクはマイクのピンのところに刺します。(配信のときに、サウンドカードorリアジャックなどを選びます)
マイクを別で購入すれば、マイクは口元に添えることができるわけですからぜんぜんよいですよね。
やすいマイク→

コンデンサーマイク(プロマイク入門はこのNT1)
★RODE コンデンサーマイク NT1-A


●そもそもWEBカメラって何に使うの?
と思う人もいると思います。書いておきましょう。WEBカメラの主要目的はやはりSkype、Ustreamやニコニコ生放送、ツイキャスなどなどの映像配信を個人でやってみたい。という方が購入するものです。スカイプで友人と会話する程度ならノートパソコンについているカメラや1000円くらいで買えるWEBカメラでも十分です。ベスト4のやつでもOK。会社や企業にお勤めの方で会社として配信をやりたいという方でも、こちらの1位、3位のWEBカメラで十分です。WEBカメラ以外の音声について、音楽番組ができるくらいクオリティーを高めた配信をしたい場合は、コンデンサーマイクやダイナミックマイクを購入しそれをパソコンに取り込むように接続し配信します。コンデンサーマイクやダイナミックマイクには電源が供給されないマイクもありますので、乾電池を入れるタイプのマイクか、USBマイク、もしくは電源供給(ファントム電源)を可能にするミキサーを通してパソコンに接続する必要があります。
電気店にて、WEB用マイクはWEBカメラのコーナーに売っていますが、音響用のマイクはWEBカメラのコーナーには置いていません。店頭扱いがない場合が多いです。マイクの種類はとても多いためです。

●なんでそんなに値段の差がでるの?
値段が高いWEBカメラは、解像度が高かったり、レンズが大きかったり、カメラの中の処理速度が速いものだったり、多くの情報からよりよい映像を抽出するシステムが入っていたりします。ひとつひとつの部品を、大きくいいものにしてゆくことで値段の差がでます。撮れればOK.という人は1000円代のものでOKでしょう。

●高性能ICレコーダーなどで音を配信できる?
高性能ICレコーダーなどを繋ぐことも可能かもしれませんが、高性能ICレコーダーは隣の部屋の台所で料理をしている音などまで鮮明に拾ってしまう場合があります。コンデンサーマイクやダイナミックマイクなどの指向性の範囲が声の収録に向いているものを使うのが良いと思います。




●WEBカメラをノートパソコンに接続して映画を作ることはできますか?
やろうと思えばできると思います。WEBカメラの映像をパソコンに保存するように設定して、できあがって映像を後で編集すればよいでしょう。しかしこれはすこし難しいトラブルが生まれる可能性があります。撮影した映像は圧縮がかかったものになる場合があり、編集ソフトで編集が上手にできない可能性が発生します。「H264」という単語がわかる方なら、大丈夫かもしれません。さらに、WEBカメラはオートフォーカス機能などがついていますが、思い通りにピントが合うかどうかは保証できません。そういった意味では、WEBカメラを使って映画を撮るならiphoneを使って映画を撮ってもどちらも一長一短で似たようなものと思えます。作れないことはないですが、映画の内容などに工夫が必要でしょう。


●それ以外のWEBカメラを2つ紹介


★ケーブルがないWEBカメラ
★ロアス MCM-14
Digio2 UVC対応リアル130万画素超小型スティックPCカメラ ブラック MCM-14BK

ケーブルがないWEBカメラです。わずらわしいケーブルなんていらない!USBに直接カメラを指すタイプはないの?という方はこちら。

★パソコンなしで、テレビにつけられるWEBカメラ
★LOGICOOL TVカム HD CTV1000
LOGICOOL TVカム HD CTV1000

処理する機能が内蔵されているため値段はすこし高いですが、パソコンなしでテレビにつけられます。テレビ電話として使う場合は、通話する相手がスマホなどの場合は、環境によって使える使えないの相性があるようです。通信の仕様の問題でしょうか。


以上。

| レビュー | 固定リンク→ 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1/1PAGES |